審査に通りやすい消費者金融ってあるの?

審査が甘い消費者金融は存在しない

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比べた場合は、銀行カードローンの方が審査が厳しいため、消費者金融の方が通りやすい審査だと言うこともできます。

ただし、「審査が甘い」「審査に通りやすい」などとうたっているのは、ヤミ金や詐欺業者などの違法業者です。
貸金業法で「借入が容易であると過度に強調する表現」は禁止(第16条第2項第3号)となっているため、審査が甘いなどと宣伝することは違法になるのです。

絶対にそのような消費者金融で借りてはいけません。

お金を借りるためには、即日融資や低額融資の場合でもしっかりとした審査に通る必要があります。
アルバイトやパートなど、収入が低くて審査が不安という人は、学生や主婦でも借入れできると明記されている会社があるので、そこで申込みをするのがおすすめです。

中小消費者金融の方が大手消費者金融より審査に通りやすい?

中小消費者金融が大手消費者金融の審査に落ちた人の受け皿となっている面があり、大手で落ちても中小の審査には通るというケースはあります。

ただし、中には中小消費者金融を装ったヤミ金も存在しているため、要注意です。
ヤミ金の場合は、名ばかりの審査でブラックリスト入りしている人にも貸付を行っています。

中小消費者金融の場合は聞き覚えのない会社名であることが多いので、中小消費者金融なのかグレーゾーンなのか、またはヤミ金融かという、業者の見極めが大切になってきます。

見極めるためには、まず金利を確認することが重要です。

中小消費者金融はきちんと法律を守っている会社なので、法外な金利を設定することはありません。
ヤミ金の場合は、金利が異常に高く設定されています。

返済しても利子のみを返している状態となり、一向に元金が減らないという借金地獄へ陥ってしまうため、絶対にコンタクトしてはいけません。

消費者金融の審査に通りやすい条件とは?

希望借入額

総量規制では年収の1/3まで借入れができることになっていますが、初回申込みから総量規制の上限まで借りられることはほぼないと言えます。

年収の1/10程度までなら審査に通りやすいと言われているため、例えば年収500万円なら50万円まで、年収100万円なら10万円までを希望借入額に記入すると、審査に通りやすいです。

審査が通りやすい職業・雇用形態

最も審査に通りやすいのは公務員、続いて会社員、契約社員、自営業、パート・アルバイトという順に審査が通りにくくなっていきます。

安定した職であるほど信頼性があるため、このような順になるのです。

そのため、同じ職業や雇用形態でも、会社員の場合はベンチャー企業よりも大手上場企業や創業年数の長い企業、パート・アルバイトの場合は勤務年数が長い方が有利になります。

他社借入件数・他社借入額

他社借入れがない方が審査に通りやすくなります。
ただし、クレジットカードを発行したことが無いなど、信用情報を得られない場合は逆に不利になってしまうことも。

他社借入れがある場合は、少なければ少ないほど審査に通りやすいです。

借入額が大きいよりも借入件数が多い方が信用度が下がり不利になるため、件数が多い人はまとめるか1社でも完済してから申込みをするようにしましょう。

大手消費者金融でいちばん審査に通りやすいのはどこ?

審査の通りやすさを知る指標となるのは、審査通過率です。
新規申込者のうち、どのくらいが審査を通過したかの割合をみることができます。

主な大手消費者金融の2016年度(2016.4~2017.3)平均審査通過率は、アコム47.99%、アイフル45.18%、プロミス42.89%となっていて、アコムが最も審査に通りやすいと言えます。(各社公表データより プロミスは成約率として公表)

アコムとプロミスの差を見ても5%と大きな違いはなく、この3社ではどの会社に申込みしても審査に通る確率はほぼ変わらないと考えることもできます。

サービスや金利設定、利便性、手数料などを考慮して選び、自分が納得できる借入れをすることが一番大切です。

消費者金融の審査を受ける際に重視するべきは

「審査」の甘さではなく、「現在の自分の状況」が審査に通るものであるかどうかを基準にする必要があります。
審査への不安がある場合は、お試し診断をしてみるのがおすすめです。

簡単な情報を入力する仮の審査ですが、少しは安心に繋がります。
審査がダメだった場合は、次々と会社を変えて申込みをするのではなく、自分の状況を改善してから再度申込みをするようにしましょう。

状況が悪いのに無理して借りようとすると、最終的にヤミ金に手を出すなど泥沼になってしまい、良いことはありません。